青汁には目的別に効果的な飲み方があるのをご存知ですか?

よくテレビのCMや新聞広告などで目にする青汁ですが、皆さんは飲んだことはありますか?

美容に良さそうと興味をもった女性や病気に負けないでいつまでも若々しくいたいと思うお年寄りの方など、美容や健康を求める方なら誰もが一度はチャレンジしたくなる飲み物ではないでしょうか。

そんな青汁ですが、一体どういうものなのかご説明いたします。

青汁とは

青汁とは、生の緑黄色野菜をしぼった汁の事です。主な原料として、ケールや大麦若葉、明日葉などが挙げられます。

青汁は野菜ジュースとは違います。野菜ジュースの多くは野菜を絞る時に加熱処理がされています。そのため、ビタミンCなどの熱に弱い栄養素が失われてしまいます。

その点、青汁は生の野菜を加熱処理をせず丸ごとすりつぶしている為、栄養価が損なわれることがありません。

青汁の名前が付けられている商品は今や全国でたくさん見かけますが、それぞれに含まれている野菜は異なります。

この青汁にはこんな野菜も豊富だから、私はこれにしよう!と折角選んでも、体に良い作用が生まれなければ意味がありませんよね。

たくさんある栄養素を自分の望む作用に効率良く摂り入れたい!という願いをかなえるような、そんな青汁の効果的な飲み方はあるのでしょうか。

青汁の効果的な飲み方とは

青汁は一日に飲む量を守れば、どの時間帯に飲んでもOKです。ただ、青汁に求める効果によっておすすめの時間帯があります。

ダイエットが目的の場合は、食事前に飲みましょう。青汁には食物繊維が豊富に含まれています。

そのため、飲むと満腹中枢に信号がいき、満腹になるまで食べる事を防ぐ効果が期待できるのです。

また、空腹状態の時に食事をすると、血糖値が急激に上がるため膵臓から出てくるインスリンの分泌が多くなり、それによって体に脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

事前に青汁を飲んでおくことで、この作用を抑えることが出来るのです。

また、日々の栄養バランスが気になっているという方には、朝の起床後に飲むのがおすすめです。

人間の体は眠っている間に意外と汗をかいているのです。そんな起床後の体は水分やエネルギーを必要としています。乾燥して吸収しやすい状態になっている時に青汁を飲むことで、水分とともに野菜の栄養素を体に摂り入れることが出来ます。

青汁の効果的な飲み方まとめ

青汁にはたくさんの栄養素が含まれています。

しっかりと体に摂り入れながら、自分の求める効果に応じて飲む時間も見直していきたいですね。